既に借入のある方へ

既に借入のある方へ

複数会社の融資は受けられない?

総量規制が加わることで複数の借り入れができなくなると考えている方もいるでしょう。今後はどのような内容に変わってくるのか、改正賃金業法の内容から読み取ってみましょう。
平成18年に成立した改正賃金業法にはこのようなことが書かれています。「1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、源泉徴収票等の提出を受けることを義務付け、年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する」つまり複数の業者を利用する際には100万円が目安となり、必要な手続きが必要となったわけです。しかし、複数の融資が受けられないとか、100万円以上はできないとは一言も書かれていません。源泉徴収書の提出と総額が年収の3分の1の範囲であれば複数の借り入れは可能なのです。

消費者金融に虚偽の申込をするとどうなる?

総量規制が決まり借り入れが難しくなってしまう方もいるでしょう。そんな方は申し込み時に虚像の申請をしようと考える方も出てきます。実際にやった場合はどうなるのでしょうか?
融資を受ける際には情報信用機関で詳しく調べられます。CICやJICCなどがそれに当たりますが、対象は消費者金融のみでなくクレジットカード会社、銀行系のキャッシング、ローンの申し込みなど細かく記載されています。氏名、名前、性別など個人情報の他に、過去に利用した履歴が詳しく載っているのです。
融資の申し込みでは免許証や保険証など公的書類にて本人確認を行うのはこのためで、偽装した内容でも調べればすぐに分かるようになっています。たとえ離婚して苗字が変わっても、夜逃げして住所が変わろうが業者は詳細を突き止めることができます。情報機関の内容はそれだけ正確のため偽装はすぐにバレるのです。

返済を遅延するとどうなる?

各種融資の返済が滞った場合はどうなるのでしょうか?契約の内容通り返済をしていればなんら問題はないのですが、1度でも間違いをしてしまうと後々後悔することになります。
その理由は延滞した内容が信用情報機関に記載されるからです。どのくらいの延滞を繰り返すと載るかはまちまちですが、1ヶ月滞納程度ならまだ許容範囲で数ヶ月だと危険なケースが多いようです。黙って延滞した場合は短い間でも掲載される可能性があるため注意しましょう。やもえず延滞する場合は業者に連絡し利息分のみでも良いので支払うか、無理の無い返済方法に組み替えてもらうことができます。一番やってはいけないのは黙って延滞を繰り返すことなのです。
最悪は将来の住宅ローン、クレジットの申し込みができないなど問題が出てくることがあります。

クレジットカードで支払いすると手数料が取られるんですか?

クレジットカードは融資というイメージが少ないため気軽に使ってしまいますが、あくまでも「割賦販売契約又は後払い契約」となるため支払いに手数料がかかります。ただしクレジットカード会社も様々なサービスを提供し、手数料が不要な例外もあるため良く確認することをおすすめします。
例えば、一括払いやボーナス一括払いにすると手数料が不要という場合があります。これは多くのクレジットカード会社で採用している内容で、後払いでもまとめて支払えば手数料はかからずに済みます。また、カード会社によっては分割払いでも2回まで手数料が無料でOKなど多少内容が変わることもあります。
注意したいのがリボ払いで、この支払い方法にすると殆どの場合で手数料が発生します。分割払いやボーナス一括払いのほうが手数料が安い可能性もあるのです。