気をつけなければいけない金融会社

気をつけなければいけない金融会社

自己破産した人やブラックの人に対して、仮審査済みで即日融資しますといったDMが届くがこれは怪しい?

自己破産した人向けのDM、ブラックの人への案内は注意するようにしましょう。普通に考えてもこのような人たちに即日融資できる業者はないはずです。もし融資が可能だとしても小額融資か、審査に時間がかかり即日はありえません。
目安としてはDMに書かれている財務局の登録番号があるかチェックすることです。ヤミ金や悪質業者は記載していません。もし番号があったとしてもニセの番号を掲載していたり、倒産した業者の番号であることも見られています。事前にネットでまっとうな業者か調べればすぐにわかります。
そのような悪徳業者ではキャッシングやATMは餌に過ぎず、後で法外な金利を請求してきたり、返済のための多重債務を迫るなど悪質極まりないのです。一度手を出すと泣きを見る目になるため、自分でもしっかりと調べましょう。

DMやチラシの即日融資の広告は信用して大丈夫?

DMやチラシの即日融資は疑ってかかることをおすすめします。ほぼ100%ヤミ金の可能性があります。これらの業者に手を出すと多重債務になりどんどん借金が膨らむため、絶対に手を出してはいけません。
大手業者でもDMを送ることはありますが、今まで利用したことも無い人に対して送りつけることはありません。ヤミ金はどこからか情報を仕入れ融資が受けにくい人に対し甘い罠をしかけてきます。
もしどうしてもお金が必要になったら大手消費者金融を利用しましょう。即日融資が可能で銀行系に比べると金利は高めですが、ブラック業者に比べると正当な経営だといえます。少ない金額のみ借り、余分な金額は利用しないことをおすすめします。もし2万円なら数百円〜数千円程度の金利で済み、返済に困ったり借金が膨れ上がることもないでしょう。

大手金融機関や信販会社の名称を名乗る詐欺DMに気をつけましょう

最近は大手消費者金融や信販会社の名を借りた詐欺も発生しています。どのようなやり口が存在するか紹介しますから、これから融資を受けようと思っている方は参考にしてみましょう。
例えば電話で大手業者の名前を借りて連絡してくるケースは殆ど詐欺でしょう。本当の大手業者ならそのような営業の電話を掛けてくるようなことはしません。ネットや窓口対応、申込者からの電話対応や郵送手続きで受け付けているからです。必要なら公式サイトにアクセスし申し込めばだまされることはありません。
他にも大手業者に申し込みする代行で話を持ちかけてくる詐欺業者もあります。手数料の一部を支払うことで代行し、申し込みが可能だと言うのです。法外な金利を請求したり、多重債務になるよう進めてくることも多く注意しましょう。

携帯電話に届く即日融資可能などのダイレクトメールに気をつけて!

ヤミ金の場合は携帯電話に直接連絡してくることがあります。メールや電話を掛けるなど本人に連絡してくるのです。大手業者はこのような営業の仕方はしていないため、携帯電話のDMはほぼ間違いなく悪徳業者だと思っておくと良いでしょう。
例えば自己破産者やブラックリストに登録している人を調べ直接連絡してきます。まっとうな業者は自分から営業をかけるようなことなしていないのです。電話だと正式に登録されている業者なのか判断が付かないため、絶対に融資を受けるのは止めてください。そもそも優良企業はメールへのDM、携帯電話に直接かけてくる方法はやらないと思っておきましょう。
知らないメールアドレス、電話番号からは無視するのが一番です。一度対応するといいカモにされてリストが他の業者にも回る可能性があり注意してください。

怪しいメールはすべて無視しましょう!

「即日スピード融資致します。」「過去に事故のある方もご利用が可能です。」「秘密厳守致しますのでお気軽にお申込み下さい。」「東京都知事認可済みの消費者金融です。」などの謳い文句の融資DMメールは絶対に利用しないようにしましょう。
知らないメールから連絡が来たら開かない、もし見てしまっても絶対に返信したり折り返し電話をかけないことです。相手は無作為にメールを送信しており、返事をくれた人をよいカモにしています。こちら側から連絡しなければ怖い対応が続いたり、しつこいDMが来ることはありません。無視が一番で一度対応すると騙せる相手リストに入ってしまいます。
また、そのようなメールに許可番号が記載されていてもニセの情報のため無視しましょう。