即日融資を受ける方へのアドバイス

即日融資を受ける方へのアドバイス

急を要する状態の方へ

急にお金を借りたい事情がある場合はいくつかの注意点があります。
第一に即日融資が可能な金融機関でなければなりません。その日に貸し出しが可能なのは大手消費者金融のネット申し込み、専用ATMにての申し込みなどです。また、当日OKとしていても申し込み締め切り時間があるため注意しましょう。平日なら14時まで対応とか、無人契約機なら夜間までOKなど時間帯が決められています。必ず事前に確認し当日借りるには何時まで申し込み手続きを終えたら良いか調べておいて下さい。
また、消費者金融は審査がありますから、それに通る対象者でなければなりません。無職や専業主婦だと難しく、アルバイトでも良いので一定の収入が必要です。20歳以上であること、融資希望金額が収入の3分の1以内が最低限必要です。他社の借り入れや延滞も考慮されています。

 

当座の生活費を借りたい方へ

月末になるとあと数万円足りなくなってしまうこともあるでしょう。通常なら無駄使いを我慢し食費を節約して乗り切ったり、日雇いのバイトなどで乗り切ると思いますが、いつでも対処できるとは限りません。当座の生活費を借りる際には幾つかの注意点を守り融資を利用しましょう。
必要な生活費以外は借りないこと。足りなくなりそうと思うと少し多めに借りがちですが、次の月に返済できる最低限の金額を借りるべきです。1万円や2万円程度なら数百円程度の利息で済む場合もあります。
カードの取り扱いは慎重にしましょう。消費者金融を利用するとカードがもらえますが、それを持っていると生活費が足りなくなりそうなときに使いがちです。あくまでも緊急対策用として持つことをおすすめします。

 

家族に内緒で借入する必要に迫られた方へ

殆どの大手業者は家族に内緒で借りることができますが、絶対にバレたく無い場合は次のような対処方法を試してみましょう。
銀行系カードローンに申し込む方法なら、万が一DMが届いても家族に怪しまれません。カードさえ見られなければ知られることはなく、延滞をしなければ直接電話がくることもありません。
消費者金融での申し込みなら連絡先を携帯電話にしておけば家族にバレません。審査の際に本人確認、会社への在籍確認がありますが、大抵個人名で電話を掛けてくれるため他の人に知られることはありません。問題はDMですが、送らないよう最初に申しつけておけば大丈夫でしょう。また、消費者金融なら無人契約機でカードが受け取れ、郵便物でバレる可能性が低くなります。

 

手形などの決済や利息支払いの必要な中小企業の経営者の方へ

 

中小企業の経営者の方は手形決算や利息の支払いなど急な出費となる場合もあるでしょう。銀行でお金を借りられるのが一番ですが、急いでいる際には日数がかかりすぎて対応できません。短期間の融資が可能なカードローンを検討してみる方法もおすすめします。
例えば銀行などが提供するビジネスカードローンなら、銀行から普通に借りるより対応が早く、金利は少し高めになりますが短期間なら問題ないといえます。事業規模や年収に応じて利用金額が決まってきます。また、最近では楽天銀行などネット銀行がビジネスローンの対応を始めています。金利の低さ、借りやすさのハードルが下がりやすく検討してみて下さい。既に口座を持っている方なら手続きをスムーズに進めやすいでしょう。

 

急な入院などで多額の費用の支払いに困っている方へ

 

急に入院が必要となり入院代が支払えない場合の対処方法について紹介します。いくつかの対処の仕方があり、お金を借りる前にやれることは試しましょう。
まず病院に相談すると支払期日を延ばしてくれる場合があります。もし無理でもクレジットカードやローンの対応が可能であれば、分割で支払うことができます。
次に民間の保険で給付金が下りないか確認してみましょう。給付まで日数がかかるため、病院側に良く説明し支払期日を延ばしてもらうなど対処してもらってください。
また、高額医療費がかかったらお近くの市町村役場に行き、高額療養費の手続きを済ませてください。これにより所得に応た限度額以外は返還してもらえます。入院中に家族にお願いし手続きしておけば、退院した際に全額支払わなくて済みます。